left elementary school





無事に娘さんが小学校を卒業しました。写真の一枚目は、入学した時に作った犬の顔した上履き袋。靴のサイズが大きくなって、袋からはみ出しても6年間使ってくれました。ごそごそと整理していたら、保育園時代の連絡帳が出てきたので、記念写真に。色々凝っていて、ライオンのしっぽは、刺繍糸を三つ編みにして、ちょっと立体的に。クマの連絡帳は目がボタンで、耳が毛糸を丸めて作りました。こうして手作りの物を作って持ってくれるのが小学生までなのがとても寂しい。中学生になったら、自分でデコして楽しんでね。

akiko kino exhibition


無事に個展が終了しました。多くの方にご高覧頂き感謝の気持ちでいっぱいです。 布作家の中島一恵さんや、憧れの刺繍作家、小倉ゆき子さんがお越しくださり、制作に対する興味深いお話をお聞きすることができました。確かな感性を持った玄人の方に、貴重な批評をいただけるは、励みにもなり、作品の方向性を確かめる良い機会になりました。

中島一恵さんのサイト/マイケルミラーの生地はこちらで購入させていただいています。オリジナルプリント生地の「100ネエサン」、アイデアとチクチク刺したい感が相まって作りたくなる生地です。

小倉ゆき子作品集『てがみアート-手芸でつづる日仏往復書簡』工作舎 /フランス人の手芸家ファニー・ヴォオレさんとの針と糸で日仏を文通した作品集は、1ページごとにめくるのが惜しくなるくらい、クリエイティブ心をくすぐる本なのです。

Opening the exhibition


個展が始まりました。19日(日曜日)まで開催中です。千疋屋ギャラリー (東京都中央区京橋1-1-9千疋屋ビル2階) 11:00〜18:30最終日は17時まで

post cards


ポストカードの印刷が出来上がりました。個展会場で、1枚100円、6枚セットは500円で販売します。いよいよ明日から開催で、私は全日在廊しております。ご来場をお待ちしております!

hummingtime 2017・03・04


高島屋友の会会員誌「ハミングタイム2017年03・04月号」表紙画のお仕事。柄布に色々な刺繍を入れてアップリケの鳥に面白い変化を表現しました。刺繍を多用すると、ちょっとエスニック調になるから不思議。