komagata katumi workshop

世田谷ものづくり学校で、JBBY主催による駒形克己さんのワークショップに参加しました。

隣の人が自由に切った、紙の切り抜きをもらいます。その切り抜きを使って、絵を仕上げます。


娘さんは切り抜いた形から、”お団子ヘアー”を想像しました。そして着物を着た女の人を切り貼りして仕上げました。


私は、隣のひとから緑色の切り抜きをもらいました。


緑の切り抜きを、ずーと見ていると”ドレス”に見えてきたので、その切り抜きを使って、
ダンスをしている女の人を作りました。


旦那さんが隣の人からもらったのは、ひょうたんみたいな形の切り抜き。


切り抜きから、”スープ”を想像しました。その切り抜きを使って、
コックさんが、お皿にスープを注ぐ絵に仕上げました。


最後に駒形さんの絵本『BLUE TO BLUE』にサインしてもらう娘さん。
決められた時間内に自分が想像していたものとは違う切り抜きを渡されて、即座に絵を考える。
そのクリエイティブな即効性が、自分の中の本質な部分が出る感じがして、怖いけど楽しかったです。
3月にボローニャで再会する事を楽しみにしています。

heavy snow


大雪の翌日、積もった雪をスコップですくって道を作ってくれた。
道行く人に感謝されて、どこまでもすくい続ける娘さん。