merry christmas with GONTITI


クリスマスイブは久しぶりのコンサート。やっぱり生演奏はいいですね。

christmas party


ご近所に住む編集長さん一家とクリスマスパーティー。
大好きな三姉妹のお姉さん達が来てくれて、しかもブロッコリーでツリーを作って持って来てくれる。
娘さん大はしゃぎ。

the conran shop


新宿本店のコンランショップ。メガサイズのポンポン飾りで嬉しくなるクリスマスディスプレイ。

christmas wreath


クリスマスリース作り。我が家の玄関ドアは青色なので、どんなクリスマスリースが似合うのか毎年、模索中。

parmigiano reggiano


イタリアから、マユちゃん&ダビデ夫妻と、1歳の愛娘エミちゃんが来訪。
再会を祝ってお家で晩ご飯。暖かくて幸せな時間をありがとう!
お土産にもらった大きなパルミジャーノ・レッジャーノ。削っていくと雪山みたいだったので、 娘さんが描いたスキーヤーを乗せて撮影。

ehonnavi


絵本ナビ12月のサイン本スペシャル号で『きょうは しましま』限定20冊販売しております。
是非、クリスマスプレゼントにどうぞ!
絵本ナビショップhttp://shop.ehonnavi.net/item.asp?c=5102781162

garland advent calendar


今年のアドベントカレンダーはギンガムチェックの折り紙を半分に切ってテトラ折り。
小さな木製の洗濯バサミにはさんでガーランドにしました。12月1日からクリスマスイブまで
毎日1個づつ開けて楽しみます。袋の中はコインチョコやおもちゃの指輪などなど。

pinecone


毎日、学校帰りに落ちているの見つけては大事に持って帰ってきてくれた松ぼっくり。
たくさん集まったので、きれいに洗って天日干し。乾いたら細い針金を巻いて柊のリースに飾り付ける予定。

christmas tree decoration


今年のクリスマスツリーは、セールで買っておいた25m巻のチェックテープで、たくさんリボンを作って、飾り付け。

『The fable game』


イタリアのEdizioni CorrainiからEnzo Mariの『おはなしづくりゲーム』が届いた。
6枚のカード(両面イラスト)で好きにつなぎ合わせて、さまざまなお話を無限に作っていくことができる絵本。

glove of the newspaper


キャッチボールがしたいと言い出した娘さん。我が家の教訓、とりあえず作ってみる。
新聞紙で作ったら柔らかくて握りやすく、ゴムボールで遊ぶのにちょうど良かった。
破れた頃に、ちょうど飽きて、ある意味ちょうど良い具合のグローブです。

ribbon


吉祥寺のコットンフィールドでリボン散策。カワイイのがいっぱいありすぎて、
ちびちび30センチずつ購入。さて何をつくろうかな。

rika-chan's motorcycle


娘さんがリカちゃんのバイクが欲しいというので、まずは厚紙で作ってみた。
タイヤはちゃんと回る様にして、ハンドルとマフラーはストロー。排気ガスは新聞紙で演出。
イカすリカちゃん☆

autograph


こぐま社のクリスマスフェアの為、300冊サインしました。全部発送されますように。
カタログはこちらからどうぞhttp://www.kogumasha.co.jp/

my picture-book


『きょうはしましま』こぐま社 作・絵/木野あきこ 10月25日発売
初めて私の絵本が出版されました!
布好き、しましま好きがこうじて、布ならではの楽しい絵本です。
書店で手に取っていただければ嬉しいです。

作者の言葉 「ちいさな発見」

いつも布を切ったり貼ったり、縫ったりして絵を描いているのですが、柄の布を使うなら、ストライプ柄、水玉柄、格子柄だけと決めています。取り分け一番種類があるのがストライプ柄で、色の順番、幅、プリントや織で様々な表情があります。そんな「しましま」の布を眺めていると不思議とワクワクした気持ちになり、
「いつかこの布を使って面白い絵本ができたらいいな」と、想像していました。
 そんなある日、散歩途中の信号待ちで、前の横断歩道から洒落た「しましま」のシャツを着た人が歩いてきました。職業柄、珍しい「しましま」を見るとついつい目で追ってしまうのですが、ふと横にいる娘を見るとTシャツが「しましま」で靴下も「しましま」。偶然、私も「しましま」のTシャツを着ていて、ポケットから取り出したハンカチも「しましま」。「しましまばかりだね〜」と娘と笑い合い、その後は、競い合って「しましま」を探がしながら家まで帰った楽しい記憶があります。
 そんな出来事がもとになってこの絵本『きょうはしましま』ができました。子どもと一緒に、この絵本の中で「しましま」なものを見つけたり、街やおうちの中の「しましま」を見つけてください。何かが偶然かさなったり発見したりすることが、ちいさな喜びになり、微笑みに変わる。そんな幸せを味わっていただければと思います。  
                                       木野あきこ 2012年 秋

Jeans bag


娘さんの小さくなったジーンズをショルダーバックにリメイク。ポケットがたくさんあるので、
子供に便利なカバンになりました。

interior book


『インテリアと暮らしが変わる!もの選びのルール』(成美堂出版)
我が家と私の愛用品が掲載されました。10月20日頃から店頭に並ぶそうです。

printing office


出張校正の為、印刷工場へ。もうすぐ出来上がってきます。楽しみ!

kawaii cake


似顔絵を描いた娘さんにバイト代にと編集部からカワイイすぎるケーキを頂いた。感激☆
アニバーサリー早稲田店http://www.anniversary-web.co.jp/text/main.html

buttons of the striped pattern


しましまのボタン見つけました。ゴムを通して髪飾りにしようかと計画中。

Devid A.Carter


「ごきげんな きいろい はこ」(大日本絵画)Devid A.Carter
Devid A.Carterの飛び出す絵本は仕掛けが凄すぎますが、これは心をくすぐられました。

「ureshiisan kanashiisan」



「うれしいさん かなしいさん」(東京こども図書館)作・絵/松岡亨子
童話作家の松岡亨子さんが初めて絵も手がけられた新作絵本。本の表紙、裏表紙どちらからでも読めて真ん中で出会う絵本です。松岡さんが書くお話のフレーズは、いつも端々に上品さが出るのでとても好きなのです。
この絵本の収益は復興支援長期プロジェクトの活動資金に充てられます。

「sagashiteimasu」



「さがしています」(童心社)作 アーサー・ビナード/写真 岡倉禎志
編集長から頂いた新刊の写真絵本。広島原爆を語り継ぐ言葉が写真によってはっきりと聞こえる作品。

balloon




風船に濡らした新聞紙を張り、のりを付けて球体のハリボテを作る。マスキングで区切って色を塗り、テープと紙コップをつけたら気球の出来上がり。夏休みの工作。